2018年2月17日土曜日

寒かったけど、充実の写真タイムでした。<文章アップ完了>

 これまた文章のアップが遅れてしまいましたが、16日はキカワダさんと一緒にフォトレクチャーな1日を過ごしてまいりました〜。え〜、北の大地から遠征してきたキカワダさんだけに、温度差は30度ぐらい?笑。僕的にはそれなりに厚着をしていたんですが、キカワダさんは薄着でありました。笑。

 で、早速スポットへ行ったのですが、思った以上に雪が残っておりました〜。まぁ、写真を撮りたくなる沢付近は雪の影響はほとんどなかったので、早速スタート!熱い1日の始まりであります。


 で、カメラ歴そのものは6〜7年ほどで、あれこれパシャパシャ撮るのも好きなキカワダさん。それでもカメラの基本操作からみっちりレクチャー!カメラはいつも持ち歩いているとのことで、僕の説明もすぐに理解してくれて、順調に話が進みました。


 え〜、雪はというと標高600メートル付近で20センチといったところでしょうか。森的には白い世界に緑が顔を出している感じであります。


 と、午前中はカメラ操作の基本に徹しました。カメラ歴があるだけに、僕が説明したことをすぐに実践できるキカワダさんはさすが〜!原理や理屈がわかるだけで、今までのカメラ操作が格段に上手くなっていく感じでありました。


 で、今日の森の面白かったのが、雪から立ち上がる水蒸気。これって何か名前があるのかなぁ?霧とはまた違った感じのモヤっとした雰囲気がナイスでありました〜。


 そんな森に、チラホラと太陽が差し込む時間帯も!長くはありませんが、ビーム光線も出現してくれました。絶妙だったなぁ。そして、綺麗でありました。


 と、気温そのものはそれほどでもないんですが、ずっとカメラに集中していると寒さもそれなりに。。。冬の定番、カップ麺で体を温めました。実は今回のレクチャーはカメラだけではなく、色々と観光に関することもいっぱいおしゃべりしました。こういう情報交換はしたくてもそんなにできるものでもないので、僕も色々と勉強になりました。


 で、午後は午前中のレクチャーをベースに、カメラから「写真」なるものへ話を進めました。これまたすぐさま理解して、実践してくれるキカワダさん!単なる遊びではない屋久島観光が伝わってきました。笑。


 二人で写真を撮って見せ合いっこしたんですが、僕も一枚。タイトルは「木のぬくもり」です。木ってあったかいんだなぁと思った瞬間であります。まぁ、動きのある瞬間ではないんですが。。。笑。


 と、カップ麺の温かさも消え去ってしまう頃、一通りレクチャーも落ち着いたので、移動して寒さのないところへ向かいました。いなか浜。僕的には連日来ておりますが、何回きても写真の飽くなき欲求はおさまりません!笑。下の写真はちょいと演出しておりますが、集中するキカワダさんっす。


 で、冬はいなか浜に漂着物が多いんですが、カメラではなく「写真」という思考回路ができると一見ゴミと思われるものも「被写体」になるわけです。左上にある黒い物体はなぜか流れてた靴です。。。なぜ片足だけ流れてきたのか、この人はどうやって歩いているのか、ついつい想像してしまいました。笑。


 僕もちょっとイメージ写真を。冬の海に女性が二人。。。ん〜、意味深!?特にタイトルはありません。笑。


 そんなこんなで、写真を撮って、おしゃべりしていたら、あっという間に時間が過ぎ去っておりました。それだけ集中しつつ、内容の濃い時間だったのではと。ほんとあっという間だったなぁ。何はともあれ、写真に関しても、観光に関しても、充実の1日でありました。

2018年2月16日金曜日

安定の西部を楽しんできました。<文章アップ完了>

 ちょいとドタバタで文章のアップが遅れてしまいましたが、15日は屋久島6回目のユイちゃんと初屋久島のコグちゃんと一緒に西部の森へと行ってまいりました〜。え〜、当初はどこへ行こうかと相談している時に、大和杉や白谷を候補として考えていたんですが、標高高めのコースは積雪がなかなかでして、苔も見れないし、歩くのも大変ってことで西部をチョイスしたわけであります。

 とりあえず、コグちゃんが初屋久島ということもあり、ちらほら観光もまじえつつ、いなか浜へ。本日は南東の風ということもあり、北西部に位置するいなか浜は波も穏やかでした。


 お次は灯台。屋久島ってやはり観光も楽しいなと。屋久島トークも弾みつつ、ワイワイできました。個人的にこの里関連のガイドをもっともっと掘り下げて行きたいなと思う今日この頃でもありました。


 で、駐車スペースに着くと、お猿がお出迎えしてくれました〜。一匹はこちらをかなり威嚇しつつ、ビビリ気味。もう一匹の小猿の方が優しい目で僕らを見てくれました。笑。成長すると好奇心が少なくなり、身を守る方へ意識が向くのかな?まぁ、人間も同じかもしれませんね。笑。


 と、テクテクと森歩きをスタート。西部の森はガツガツ歩く必要はないので、色々と屋久島トークに花を咲かせつつ、森を楽しみました。パラパラと雨も降ってきて、いい感じに潤っておりました。


 椿の花も咲いておりま〜す!この時期は花という花もないので、目立ちますなと。寒い冬が続く今シーズンですが、季節は確実に進んでおります。


 と、思った以上に雨が降ってきて、海までサクッと歩いて、長居せずにランチスポットへ。自然の屋根の下でカップ麺をツルツルいたしました〜!この時期ならでは、ホッとするひとときであります。ランチ中にユイちゃんが魚肉ソーセージを分配してくれました〜!普段の生活ではほとんど食べない食品ですが、なぜ森で食べるとうまいのか。。。この辺はまた考えていきたいと思います。笑。


 で、ランチ後はというと、いつのまにか写真ステップアップ講座?笑。ちょっとしたアドバイスをしつつ、パシャパシャやりました〜。ユイちゃんも屋久島旅行のために新しいカメラをお得なレンタルで持ってきたので、ちょうど良かったかなと。


 その後は森の重鎮たちにご挨拶して、西部の森を満喫いたしました。写真もちょっとレベルアップできたかな?笑。午後からはそれほど雨も降らず、そんな天気の演出もまたいい流れだったなと。


 するとまた強めの雨が降ってきたので、森でブレイクではなく、車まで戻ってから橋の屋根の下でコーヒーブレイク。まったりできました。ここでもユイちゃんの差し入れで、こだわりのドリップコーヒー!コーヒー狂の僕としても美味しすぎる時間でありました。笑。


 で、帰り道もちょいと時間があったので、志戸子集落付近で寄り道を。屋久島は自然が凄い島ではありますが、その自然の中にしっかりと人もいるわけでして、その辺も初屋久島のコグちゃんも感じれたのではと。


 一応、インスタ映えスポットも。。。笑。


 そんなこんなで、一日中、おしゃべりしていたような気がしないでもないですが、西部の森を楽しみつつ、屋久島の奥深さを感じる1日でありました。

2018年1月28日日曜日

最高レベルに美しき縄文杉でした。<文章アップ完了>

 ブログのアップが遅れてしまいましたが、昨日(27日)は前日に引き続き、リエちゃんと一緒に縄文杉へと行ってまいりました〜。早朝お迎えに行ったわけですが、りえちゃんはなんと不眠状態っ!疲れているはずなのに、寝れなかったとのことで、波乱の幕開けとなりました〜。とりあえずはカヨコ母さんとお別れし、登山口へ。1時間ほど仮眠が取れました。笑。

 と、明けきらぬ朝を歩き始めたのですが、早速目に入って来たのが、トロッコ道の板!今年度の予算でついにトロッコ道前半も板が敷かれることになったのです!快適〜〜〜っ!しかも屋久島産の杉(植林、地杉を使ってます)。まだ杉の香りがしております。


 で、昨日に引き続き、おしゃべり系で歩きました〜。屋久島トークもさることながら、本日は哲学トーク?も盛り上がりつつ、前進。リエちゃんが眠気に襲われつつ、それを押しのけるようにおしゃべりで騙し騙し歩きました。笑。


 そんな眠気とおしゃべりがミックスされたトロッコ道だったのですが、僕が想定していた標高よりも早めに積雪が!気温が低かったので、サラサラ系の雪で歩行には問題ない感じ。トロッコ道はペースを維持して歩けました。


 トロッコ道後半に差し掛かるとようやく太陽が出現っ!久々にマブい森でありました。笑。リエちゃんも眠気を冷ますが如く、光合成?いい光でありました。


 ちょいと余談になりますが、トロッコ道の上の雪に、足跡。こちらは子供の手形ぐらいのサイズでおサルの手形。


 こちらはイタチの手形。かわいい〜!5センチぐらいです。


 と、おしゃべりと眠気を繰り返し、トロッコ道終点に。この辺はしっかりと雪が積もっておりました。5センチ未満といったところです。


 え〜、トロッコ道終点にてすでに足も痛いし(前日の筋肉痛)、眠気もそれなりという満身創痍なリエちゃん!ここからはスパイクを履いて、レッツ山道!頑張りました〜!


 今日は土曜日ということもあってか、そこそこ登山者がいました。まぁ、全体で30人ほどでなんですが、この時期にしては多いかなと。笑。スタートが良かったので、僕らがほぼ先頭を歩くことができ、ウィルソン株も完全貸切!株の中でしっかりとお参りもでき、身も心もスッキリ〜〜〜!リエちゃん的には「もう満足しちゃったなぁ〜」という感じだったのですが、有無を言わさず上を目指しました〜。笑。


 地獄の階段シリーズもしっかり積雪!スパイク効果で滑らないものの、リエちゃんの股関節も黄色信号になっており、全力で足を振り上げて頑張りました〜!笑。人間やればできる!笑。


 宮之浦岳が見えるスポットでは綺麗に冠雪する山が見えました!最高!積雪というよりも、霧氷な感じですので、北斜面が白くなっている感じでした。こんな青空…、今月一番の晴れかもしれません。


 と、世界自然遺産エリアに入るあたりからは、待ちに待った霧氷な登山道が待っていてくれました〜!昨日より、合言葉のように「霧氷〜〜〜!」といって来ましたが、なんとも最高の空間でありました。美しすぎてなかなか前に進めないほど〜!凍てつく世界、それでいて光の差し込む世界。。。たまりません!


 美しすぎて前に進むのを忘れてしまうほどだったのですが、なんとかかんとか足を振り上げて、縄文杉に到着〜〜〜〜〜!霧氷の中の縄文杉に会えました〜!最高〜!キラッキラでした。リエちゃんの目にもキラリと光るものが…。「全部解決した〜!」ということで、何が解決したかはリエちゃんのみぞ知る感じではありますが、良かった!笑。


 と、無言で縄文杉と語り合うりえちゃんん後ろには青空と霧氷のコラボレーションも!特にヒメシャラの霧氷はたまりません!心が奪われちゃうなと。


 それにしても、今日の縄文杉は美しかったなぁ〜。仲良しガイドとも話していたんですが、「2018年ベスト縄文?」って言ってしまうほどに、美しかったです。まだ2018年に入って1ヶ月もたっていませんが。笑。いい世界でありました。


 と、お腹も減ったので、ちょっと日当たりのいい場所へ移動してから、本日もカップ麺タイム。うまかったです!ランチ後にリエちゃんが、甘酒を分配してくれました〜!昨日のカヨコ母さんが分配してくれたお汁粉に引き続き、日本の力が発揮された瞬間でありました〜。ごち〜!


 本日もそんな至福な時間を過ごした後に、下山開始。リエちゃんの足もなんとか動く状態だったので、なんとか動かしながら、なんとか進みました〜。笑。さらにお腹の方も黄色信号が点滅していたので、ほとんど休むことなく、歩き続けました〜。ウィルソン株も休憩ではなく、中まで入って止まることなく、歩き続けました。笑。


 と、足もお腹もなんとかなって、トロッコ道まで降りてこれました。ホッ。すかさず、コーヒーブレイク。最後の道のりを頑張りました。前半は小走りできるほどに快調だったのですが、やはり途中からは眠気と戦い、下半身の痛みと戦い、全身全霊でありました。笑。


 で、朝の暗いトロッコ道では見つけられなかったのですが、新しいトロッコ道にちょっとしたお遊びがありま〜す!こんなハートマークがありますよ。どこかにあるかは言いませんが…。笑。


 そして、登山口付近では春の使者オオゴカヨウオウレンも咲き始めております。まだまだ寒い日が続きそうですけどね。


 そんなこんなで無事に下山完了〜!歩ききりました〜!立ち止まってしまったら、前に進まなくなるかもしれないってことで、歩きっぱなしでがんばっちゃいました〜!それが功を奏し、帰りのトロッコ道は実に良いペースで歩けました。キレイスポットでの休憩すら、スルーしちゃいましたし。笑。


 というわけで、朝からどうなるかと思いきや、結果的には全身全霊、満身創痍、七転八倒、七転び八起きな道中をクリア!人間やればできるなと。笑。縄文杉付近の最高すぎる霧氷の世界も体験でき、濃厚過ぎるほどの一日でありました。

ムヒョ〜〜っ!(霧氷)

 ちょいとブログのアップが遅れてしまいましたが、26日は久々のカヨコ母さんとカヨコ母さんが民宿でナンパした(?)リエちゃんと一緒に白谷〜太鼓岩へと行ってまいりました〜!え〜、全国的になかなか寒波が襲来中でして、屋久島も例外にもれず寒〜いっ!入り口からあられが降っていたので、暖か装備にてレッツ白谷となりました。


 と、カヨコ母さんは屋久島に何度来たかわからないぐらい来ておりますが、リエちゃんは初めての屋久島ということで、屋久島トークをあれこれしながら歩きました。カヨコ母さんも「屋久島の森、ただいま〜」って感じで、てくてく歩きました。


 入り口付近は全く雪はなかったものの、ジワジワと標高を上げていくと、苔の上にシュガーパウダーのような雪がちらほら。なんだか美味しそうな感じでありました。この標高で雪が降るってことはなかなかの寒さってことでもあります。


 まぁ、歩いているうちはそれなりに自分たちがヒートアップするので、レインウェアの下のダウンを脱いだり、ウェアの通気を良くしたり、熱い歩きでありました。笑。え〜、カヨコ母さんは言うまでもないのですが(笑)、リエちゃんんもおしゃべり大好き系でありまして(笑)、話し声が止まることはありませんでした〜。笑。


 と、そんな感じでワイワイと歩いていくと、標高800メートルあたりからはうっすらと雪化粧。いい雰囲気でありました。俄然、太鼓岩がどうなっているのか、期待が膨らむ感じでありました。しかも、シーズンオフだけにほとんど人とすれ違わないわけでして、貸切の静かな森でありました。あくまで森は静かですが、僕らはうるさいです…。笑。


 そんでもって、ゆっくり歩いていたこともあって、白谷小屋付近でお昼タイムに。カップラーメンをツルツルしました。うまい!やはり冬のランチはホットなカップ麺に限るなと。笑。食後はカヨコ母さんがお汁粉を分配してくれました〜!このお汁粉がまたお上品な味でして、最高っ!止まっていると寒いでの、このお汁粉は実に幸せでありました〜。ゴチです!


 と、至福なランチタイムを終え、苔むす森へ。これまたシュガーパウダーの森でして、絶妙な雪の量!お化粧的に言うと、ファンデーションぐらいな感じでありますなと。笑。いい感じ〜!


 そして、ここからは上に行けばいくほどに雪がちょっとずつ増えていきました。マックスで5センチほどなんですが、気温が低いだけにサラサラパウダースノー!南の島のパウダースノーってことで、最高です。笑。


 太鼓岩へと続く、最後の斜面ではつらら祭りも!普段は足すら止めない場所ではありますが、ついつい凍てつく森の風景で足が止まりますなと。


 太鼓岩付近だけ、木々に霧氷(むひょう)がついておりました。寒いわけであります。これがまた美しいってなんのって!とても南の島とは思えない空間でありました。


 と、それなりに風もあって寒かったのですが、しばしご歓談。途中からシンガポールから来た男子も交えてワイワイ。しばらくしたら、雲の切れ間がやって来て、ドラマチックな風景が!最初はわ〜〜〜っと盛り上がりつつ、その後は無言で光の動きに酔うことができました。ん〜、美しかった…。標高1000メートル以上の北斜面はだいたい霧氷になっており、この季節ならではの風景でありました。


 そんな南の島とは思えない太鼓岩を後にし、下山開始。帰りは体を温めるべくそれほど休憩を入れずにガンガン歩きました〜!もちろんおしゃべりも止まらず、ずっと話していたような…。途中から完全に屋久島以外の話で盛り上がってしまいましたが…。笑。何はともあれ、小屋でココアタイムして、ホッと一息。ゆるい時間だったなと。結局、本日の登山者最後尾を歩いていたようです。笑。


 というわけで、最後の最後までおしゃべりと笑いが止むことはなかったのではありますが、これぞ1月の白谷を満喫できました。霧氷も見れ、シュガーパウダーな苔の森も見れ、絶妙な冬の森でありました。内容の濃い1日でありました(おしゃべり的にも?)。