2017年12月12日火曜日

本日も貸切の森歩き〜ッ!

 本日も元気いっぱい、昨日よりチ〜ちゃんと一緒に西部の森へと行ってまいりましたぁ。当初の予定は晴れたら山のてっぺんを狙おうと言っていたんですが、あえなく撃沈。なので、めいいっぱい森を楽しめる西部をセレクト。てっぺん系の山は晴れた日にとっておく感じがベストであります!

 と、西部は島の反対側ということもあり、あっちへこっちへ寄り道しながら入口へと向いました。縁結びの神様にもお参りしたので、来年は良い出会いがあるかなぁ〜。笑。ちなみにいなか浜にはプラスチック製と思われるドラム缶みたいな大きめの物体が漂着しておりました。なんかシュールかなと…。


 白波の海、ドラム缶、チ〜ちゃん…。ん〜、なかなか絵になるか?笑。波が波だけに、風もなかなかの風でありました。


 で、車中でおしゃべりしながら進んだわけですが、灯台にも寄ろうかとハンドルを切ったところ、知り合いのガイドがすれ違いざまに「今日は灯台の敷地内に入れないよ〜」と
…。携帯電話の電波試験だったようで、12月15日までは灯台の敷地内に入れないとのことです。


 あれこれ寄り道して、森歩きスタート。もちろんのこと人は誰もいません!白谷や縄文杉とは全く違う森歩きに、チ〜ちゃんもテンション高めでありました。良い意味で裏切ってくれるなと。屋久島の森を考える上で決して外せない森でもあります。


 とまぁ、テクテク歩きつつ、おしゃべりしつつ、森をさまよいました。ひたすら歩き続ける縄文杉コースなんかとは違って、立ち止まっている時間の方が長いぐらいです。笑。雨もパラパラ降る時があったんですが、このくらい雨だと全く身体に当たりません。木の屋根の下って感じでありました。


 と、良い時間になったので、プライベートビーチにてランチタイムに。川のせせらぎを聞きながら優雅な時間でありました。昨日とは標高が全く違うので、極寒になることはなく、まったりできました。山のてっぺん系は雪なんだろうなぁ〜。


 そして、ランチ後は強風な感じで、海に到着〜!なかなかの風でありました。さすがに風の強さで体感温度は下がります。


 写真だとうまいこと表現できていませんが、「松竹っ!」って感じでして、映画のオープニングみたいな海でありました〜。エラブはしっかりと見えました。さすがにここは長居はできずに、撤退!笑。


 とまぁ、午後の道のりもまったり歩きました。鹿ちゃんにご挨拶しつつ、いろんな面白い形の木と戯れつつ、ユルい森歩きでありました。下の写真はちょっとガイド内では知られたグルグルの木です。なかなかの形だなと。


 と、無名のガジュマルたちにご挨拶しつつ、ガジュマルの下でチ〜ちゃんはお昼寝タイムに。え〜、40分ほど深い世界へといっておりました。ある意味、究極の贅沢タイムでもあるかなと。ガジュマルに優しく包容されているみたいな感じで、癒しでありました。絞め殺されなくてよかったなと…。笑。


 そんな昼寝後もあれこれ森を楽しみながら歩きました。最近、ボクの中で定番となりつつある沢にて、ブレイクタイム。水の音が全身を抜けていくような、良い時間でありました。こういう良い沢の前で時間を過ごすとなんだか身も心も綺麗になった気分になれますなと。


 ここで登場したのがチ〜ちゃんのご当地じゃがりご!なんと牛タン味で〜す!え〜、全く牛タンの味を覚えていないんですが、美味しかったです!屋久島では買えません!笑。


 そんなこんなで、森歩き終了。チ〜ちゃんも「定番にしたいくらい!」と言わしめるほどに、屋久島のイメージを良い意味で裏切ってくれる空間を楽しめたかなと。森歩きだから頑張るとか頑張らないとか、そういう感じではなくて、森に包まれる安堵感を全身で感じれたのではないかなぁ。笑。

 で、トイレがてらいなか浜に寄ったんですが、なんと珍しい光景が待っておりました〜!浜にカラスの大群が!下の写真に写っているカラスだけではなく、近くの電線にもいっぱい。さらには浜にいるカラスは全員風に逆らって立っておりました〜。思わず「(カラス達も)青春を感じているのかもしれない」なんて言葉が出てしまいました。笑。それにして、何をしているんだろう…。


 というわけで、終わってみればあっという間に時間が過ぎ去っておりました〜。縁結びの神様、お産の神様にご挨拶したり、森で昼寝できたり、振り返ってみたら内容盛りだくさん過ぎの一日でありました。

2017年12月11日月曜日

アラレまじりな森歩き。

 本日も元気いっぱい、ヤク中患者?のチ〜ちゃんと一緒に大和杉へと行ってまいりました〜。ちなみにチ〜ちゃん、今年の夏にも来ております!笑。昨年同様、夏と冬の両極端の屋久島を楽しんでおります。笑。

 早速、曇り空の中を歩き始めたわけですが、夏とは違って防寒装備!ここ数日では比較的温かい方なのではありますが、やっぱり動く前は寒いっす。笑。ちょっと歩くと身体が燃えてきました。


 と、上の写真でチ〜ちゃんが指差す読み取り式のバーコードが新たに設置されておりました〜。すかさず「やりた〜い!」とチ〜ちゃん。看板の情報がそのまんまネット上で見れるという予算の使い道なのかと思いきや、最後の方で「他言語対応」ということが判明!英語や中国語でもこの看板の意味がわかるようになっております!電波があるヤクスギランド内ってところが味噌でありますなと。


 と、テクテク歩いて行くと、アラレまじりの雨がそこそこ降ってまいりました。ちょいと屋根の下でフリースからレインウェアにお色直し。ちょいと濡れることに神経を使う季節でもあるなと。


 で、テクテク歩いていくと、昨日もそこそこ雨が降ったので、苔たちが雫ちゃんをたわわに実らせておりました〜!何度も屋久島の森を歩いているチ〜ちゃんですが、ここまで雫ちゃんに囲まれるのは久しぶり〜!ってことで、苔のキラキラと共にチ〜ちゃんの目もキラキラしておりました。笑。


 今日一日を通して、アラレまじりの雨と雲の切れ間からの太陽光線が交互に訪れました。寒波襲来中だなぁ〜と。雲の切れ間が何度も訪れるのもまた冬の風物詩的な感じであります。


 森の中に光が差し込んだ時はもう言葉にならないほどのキラキラタイムでありまして、随所で足を止め、キラキラに酔いました。笑。格別であります。


 誰もいない森をテクテク進んで、無名の屋久杉たち、無名の巨木たちにご挨拶しながら登りました。この森は本当に素晴らしいなぁ〜。ボクも幾度となく来ている森ではありますが、全く以てこの森の森林浴は最高であります。


 で、標高をジワジワ上げていくと、雪もチラホラ残っておりました〜。今年は寒さが早い感じがするのですが、大雪の冬になることをちょいと期待しております!5〜6年前ぐらいに超大雪な年があったんですが、それぐらいを期待したい所であります。笑。


 と、順調に歩を進め、大和杉のほんの手前に来るとハリギリの落ち葉がナイスなスポットがありました〜!まだ残っていたんだなぁと思いつつ、パシャパシャと写真タイムに。地面が明るくなるというか、浮き立つというか、写真ではうまく伝えられないものの、良い雰囲気でありました。


 んでもって、大和杉に到着〜〜〜ッ!本日もまたスラッとした出で立ちでお出迎えしてくれました。癒やされますなと。また潤いの中に立つ感じがナイスでした。


 ダラダラと大和杉と語り合いつつ、時間もイイ感じだったので、ランチタイムに。カップラーメンをツルツルして、温まりました。まぁ、じっとしていると一気に寒さがくるのもこの時期ならではですが…。ガスをストーブ代わりにして暖をとりました。


 ランチ後にチ〜ちゃんがリンゴスティックを分配してくれました〜!うまし!チ〜ちゃんはガスでパイ生地を温めておりました。笑。温かいスイーツっていいなぁ〜。笑。


 んな感じで、長居してもよかったんですが、それを遮る寒さもやってきまして、身体を温めるべく下山開始。帰り道もアラレまじりと太陽光線が交互に出現し、なんとも飽きのこない道のりでした。キラキラタイムは最高です。


 あれこれおしゃべりしつつ、ランド内のさつき河原まで一気におりてきました。霧雨みたいな感じでしたが、木の下は雨も当たらず、ココアタイムに。寒い所で温かい飲み物が身にしみたなと。


 そんなユルい時間を過ごしつつ、最後の道のりを歩いていると、約30名ほどのバスツアー団体さんが!バスガイドさんがとっても大きな声で解説してくれていたので、ボクらも最後尾で尾行させていただきました。ボク的にもバスガイドさんがどんな話をしているのか興味津々だったので、とっても楽しめました。笑。


 そんなこんなで無事に下山完了〜!最後はバスツアーのお客さんになった感じでしたが、それもまた楽しかったなぁと。笑。


 帰り道はちょっと時間も余っていたので、寄り道も。下の写真の場所へ行きました。滝之川の一枚岩!車を降りて一分ほどの場所なんですが、なかなか面白いスポットです。屋久島の里もおもしろスポットがたくさんあるので、盛り上がっていって欲しいなと。


 というわけで、アラレまじりの天気でしたが、それ故にこの時期らしい森歩き。巨木に癒やされ、森に癒やされ、寒さも忘れて、ナイスな一日でありました。

2017年12月4日月曜日

なんという展開ッ!

 本日も元気いっぱい、先月に引き続き、チカちゃん&ケイちゃんと一緒に NO YAKUSHIMA NO LIFEしてまいりました〜!え〜、ケイちゃんの屋久島在住がギリギリになってきており、遊ぶ気マックスなオーラなケイちゃん。チカちゃんはもうちょっと長いの若干余裕の表情か?笑。
 と、当初はお山の頂上を目指す予定だったんですが、昨日から良い雨でして、朝なんて警報が出るんじゃないかという雨!なので、おとなしく森コースへ。結果的にこれが最高な展開でありました。西部林道沿いの紅葉はようやく本番に近づいております。


 上の写真、良〜く見ると実はオス鹿ちゃんが写ってます、どうでもいいんですが、下の写真は上の写真の拡大画像です。顔ひとつ出てます。笑。


 と、歩き始める前に、縁結びの神様やお産の神様や経済の神様を参拝。まぁ、重要なのは「縁結び」と「お産」かなと。笑。入念なお参りを完了しつつ、テクテク歩き。今日はオスメスを問わず、鹿ちゃんが非常にたくさん出没してくれました〜。


 車に乗っていた時はとんでもない感じの雨も降った時があったのですが、歩き出すと雨も止み、テクテク歩けました。標高の低い西部の森もばっちり晩秋に近づいてきている感じであります。標高の高い所はすでに冬が到来してますが、西部は秋。屋久島が屋久島である複雑な生態系を感じれるかなと。


 で、本日一番の難所をクリアして、ホッと一息。ボクも西部はちょこちょこ来ていますが、この道を選んで歩くのは久しぶりだったので、台風の影響と思われる地形の変化がちょいと新鮮でありました。


 そんな感じでランチスポットへ。10時ぐらいからケイちゃんが「お腹へった〜!」と言っていたので、ある意味遅めのランチに?世間一般的には標準的な時間帯です。笑。それほど寒くはなく、快適なお弁当タイムでした。


 食後にチカちゃんのリュックから登場したのは、なんと北海道のかりんとう!ちょっと量があるんですが、ボクはおしゃべりしながらペロッといってしまいました。ゴチ〜!うまかったです。


 と、まったりお弁当タイムが終了し、コーヒータイムを楽しんでいると太陽の光が森に差し込んできたんです!そ、し、て…、海までおりてきたら、青空〜〜〜〜!まさかの展開についつい声が出てしまう感じでした。ここまで青空が出るとはなぁ〜。


 波はやや高めだったものの、海がキラキラ!もちろんチカちゃんとケイちゃんは、「ギラギラ」ってところでして、思わず長居してしまいました。


 なんとも気持ちいい時間でありました。ある意味、屋久島のイメージとは違う森〜海ではありますが、良い意味で期待を裏切ってくれる最高のスポットだなと。


 と、海辺から出発しようとしたら、また雲がかかり始め、青空は少なくなっていきました。なんともまぁ、絶妙なタイミングと申しましょうか、天気の演出がニコニコでありました。その後もまったり森歩き。


 クワズイモはまだまだ新芽を出し続けておりますが、透けた感じがお美しかったです。


 んでもって、3時のオヤツタイムに。川沿いで紅茶タイム。ここでもチカちゃんが源氏パイチョコバージョンを分配してくれましたぁ。川のせせらぎに心をゆだねて、ゆるい時間でありました。


 この時期の西部の森は寒くもなく、暑くもなく、過ごしやすいです。これが山の頂上だったら、5分と持たないかなと…。笑。


 そんな感じで車に戻って来れました〜。道路もしっかりと秋模様。二人とも余裕の感じでして、ユルい一日終了〜。


 というわけで、朝はどうなるのかって雨も降りましたが、結果的に展開が素晴らしくて、楽し過ぎでありました。縁結びの神様にもおまいりできたし、今後の飛躍につながる一日になったかなと!